ウォーターサーバーの水は殺菌消毒が行われていません

  • ウォーターサーバー運用時のメリットと注意点

    • ウォーターサーバーは業者により若干の違いはあるものの、天然の採水地から詰め込んだ安全性の高い水を使用していることに変わりはありません。有害物質は一切混入しておらず、ミネラルなども最小限に抑えられているため、赤ちゃんのミルク用にも代用できる点が魅力です。使い方はシンプルで、ウォーターサーバー本体の蛇口をひねり、お好みの温度の水を出すだけです。

      ウォーターサーバーの情報を確認できるサイトです。

      温水なら80度ほど、冷水なら10度ほどの水が瞬時に出てきます。

      冷たい水が飲みたくなった暑い夏や、急いでお湯が使いたい時など、様々なシチュエーションで活躍してくれるでしょう。ペットボトルの水を使っている人で最も不便なのが、いちいち購入してから自宅まで持ち帰らなければいけないことです。



      その点、ウォーターサーバーなら業者が家まで運んできてくれるため、苦労をしなくて済みます。

      また、宅配ペースも自分の好きなタイミングに設定できるため、足りなくなったり余りすぎる心配もありません。


      一つ注意点を挙げるなら、直射日光を避けて保管することです。


      水の品質は自然光により劣化することがあります。
      未使用のボトルを窓際に置いていると、あっという間に品質が落ちてしまうでしょう。
      必ず日の当たらない場所に保管するようにしてください。

      OKWaveに関する情報収集をサポートします。

      また、サーバーを使っていない時間帯でも、電源はONのままにしておきます。

      電源を切ってしまうとセットしたボトル内の雑菌の繁殖を抑えられなくなり、衛生的にも問題が生じます。
      これらのことに気を配れば、安全にウォーターサーバーを運用することが可能です。

top